So-net無料ブログ作成

5月31日、気仙沼より [気仙沼の状況]

気仙沼マイヤ店内の屋台でヴルストとかトルティーヤとかギリシャ料理売ってる!試食させて頂いたらウマウマだったので買っちゃいました(´∀`*)

仮設営業を再開した気仙沼・鹿折のホーマックに行ってきました。店内2/3くらいのスペースに予想以上に多くの品物が並んでました!数少ない鹿折で再開したお店、頑張って欲しいです。母はナスとピーマンの苗を購入。庭で育てるそうです。津波で失業しても、やる事見つけて元気な母です(´ω`*)

電池もガソリンも生鮮品も震災前のように店に並び、普通に買えるようになってきた今日この頃。以前のように買い物を楽しめる人と、そうでない人の差が顕著になってきました。駄菓子売り場での出来事。小さな男の子が50円くらいのお菓子を手にしたものの、お姉ちゃんと思われる女の子が一言。
『まだおうちもなくてお金もないんだから、高いのダメだよ!』男の子は文句も言わずお菓子を戻し10円の駄菓子を選び直しました。お姉ちゃんは何も選ばず男の子の手を引いてお母さんの元へ。・・・しっかりした子達だな、と思いつつも10円単位を我慢しなきゃいけない現状。まだまだ厳しい。

今日は断捨離支援物資5個口受け取りました。ありがとうございます!昨日までに届いた物資は全てお届け済みです。定点無料配布をしているボランティアの方とも提携しています。皆様のおかげで今日も活動ができました、ありがとうございますm(_ _)m

5月30日、気仙沼より [気仙沼の状況]

今日は断捨離支援物資が4個口届きました!ありがとうございます^ ^早速仕分けと再梱包作業をさせて頂きました。3ヶ月が経とうとしている今でもまだまだご支援くださる皆様がいらっしゃる事に心より感謝致します!

劇的びふぉーあふたー。『飽きたなら美味しくすればいいじゃない』…って事で乾パンクッキング第二段。パウンドケーキにしてみました。予想以上に美味しくて、作った本人がいちばん驚いてます 笑 http://t.co/7IxEJJC

【想像してください】あなたにとって『いちばん大切な存在』を思い浮かべてください。その存在が津波にのまれ、帰る家が無くなり、会いたい人に会えない。どんな気持ちになりますか?・・・これが被災地では現実に起きていることです。忘れないでください。まだまだ被災地は『苦しい』のです。

自己満でいい。偽善でいい。批判されても罵られても構わない。目の前に困っている人がいる。それだけで動く理由は充分だ。

テレビで見たけど、南三陸町は数少ない復旧した水道すら飲料水として使えないらしいのに、一部地域では給水なくなったってどういうこと・・・人員が足りないの?車ない人どうやって飲み水確保するの?塩分基準値超えたしょっぱい水飲むの?体に影響出ないのかな・・・。

5月29日、気仙沼より [気仙沼の状況]

あの日から、ガスボンベや停まっている車、そして波を見ると一瞬心臓が止まるような感覚がする。まるで体が冷えるような。サイレンと車のクラクションは聞きたくない。特にクラクションは悲鳴にしか聞こえない。無人の車も有人の車も、大音量のクラクションを鳴らしながら波に飲まれていったから。

大雨・暴風・波浪警報と雷・洪水・濃霧注意報発令中の気仙沼です。雨風共に激しいですね・・・今日は外作業は無理かな?・・・というより安全性を考えたらするべきじゃないですね。また浸水地域が増えてしまう・・・。でも悪臭は少しは吹き飛ぶかな?

5月28日、気仙沼より

ご支援をお申し出くださっていた方々、大変お待たせ致しました。Twitfortouに掲載致しましたのでご覧いただければと思います。ご賛同くださる方々のご支援をお待ちしております。http://bit.ly/mC1iiG

赤十字の家電セット寄贈の話。被災し家が全壊した知人がアパートを借りたので家電セットの申し込みに行ったそうだ。しかしながら、支援を受ける対象にはなっているものの実際にものが届くまで何ヶ月かかるか分からないと言われたそう。そんなに待てるわけもなく、結局自分で買ったそうだ。

家の前の川に散乱していた瓦礫が綺麗に片付けられた。瓦礫、と一言で言うけれど、これらは元は家だったり家の中にあったもので、何かしらの思い出が詰まっていたはずで。散乱している状況が良いという訳ではないのだけれど、片付いたら片付いたでなんだか寂しい。どんどん震災が『過去』になっていく。

5月26日、気仙沼より [気仙沼の状況]

確かにね、確かに少しづつではあるけれど瓦礫が片付いて綺麗に掃除して元通りになったように見える地域もある。でも全く手つかずの地域や家屋、店舗があるのもまた事実。どうか忘れないで。まだまだ落ち着いてない。復興なんかしてない。始まったばかりで、まだまだ終わらないの。

5月24日、気仙沼より [気仙沼の状況]

震災による失業の弊害。例年なら今頃は各会社で健康診断があった。失業すればもちろんそれもない。市の健康診断の受け付けも終わっている。自分で病院に行って受けなければ、今年の自分の体調はわからないまま。出来るだけ自分から受けるべきなんだろうけど、実際はなかなか行かないものだよね。

一度は一部損壊と診断された我が家、もう一度判定して貰ったら半壊と認定されました。そりゃそうだよね・・・壁も柱もすごいことになってるし。判定する方も人間だもの、亀裂や破損を見逃すことだってあるよね。

今日は食器類の支援方法についていろいろ試行錯誤してみた。言わば予行演習。割れ物だからこれまでの物資と同じように扱うわけにはいかない。かと言って梱包したままじゃ見えないから受け取る側も困るし。最終的には瀬戸物屋さん方式に決定。食器をまとめてビニール紐で結ぶスキルが磨かれました(笑)

5月23日、気仙沼より [気仙沼の状況]

気仙沼のおだづなよTシャツ、ゲットしました!作りもしっかりしてるし着心地も良くていいですね(^-^) http://t.co/kEi9SdN

気仙沼の仮設住宅の情報やっと入手。敷き布団・掛け布団・枕・カバーはあり、タオルケットや肌掛けはないらしい。食器類は真っ白の無地のものはあり、その他爪切りとか細かいモノまで備え付けとのこと。最低限の生活用品はあるっぽい。消耗品はさすがになし。全ての仮設がこうなっているかは不明。

お子さんがいる被災者の方の本音。『物資や支援にいつまでも甘えてちゃいけないってのは分かってる。でも、子どもを高校や大学に行かせてやりたいからいくらでもお金は節約したいんだ。申し訳ないけど、せめて安定した収入が見込めない今は、物資や支援に甘えさせてくれ』

避難所に届く物資は確実に減ってきているそうだ。置き場がないので今はそれで良いとは言っていたが、やはり不安が大きくなってきている模様。物資が減り、報道も減り、ボランティアさんも減っている。そうなると情報を得る手段が少ない被災者は『もう被災地のことなんて忘れられたんだ』と思ってしまう

震災関連の報道が減っているのはある程度仕方ないとは思う。もうそれを求めていない人もいるのだろうから。しかし被災者に不安は募っていく。忘れられている、と。その不安を少しでも和らげる事ができるなら、私は『目に見える・わかりやすい・形あるもの』である物資支援を今こそしていこうと思う。

ところで、メーカーによって仮設住宅の外観が違うのはなんかやだなぁと思う。レンガ風のおしゃれな外観もあれば、まさにプレハブって感じの簡素な外観もある。機能性の違いがあるのかどうかは私にはわからないけど、気分的な違いはあるよね。

"先ほどのおだづなTシャツは、まだ詳細を決めかねているのでHP(ブログ)にUPしていないとの事。
寄付金=売上-(Tシャツ原価+送料)だそうです。
(この式だとかなり寄付金を集めにくいそうで今後はどうなるんでしょうかね?)
寄付金の送り先も概ね決めてはいるようでした。"

そういえば今日、気仙沼の弐萬圓堂の隣の建物に『テナント募集』の看板があるのを見た。入ってたお店が被災して撤退しちゃったぽいですね・・・。新たに店舗場所等探してる方、見に行ってみてください。

5月22日、気仙沼より [気仙沼の状況]

いろいろと思うところはありますが、私は私なりに出来る事・やりたい事をしていきます。今週は個人的な細々した用事を済ませ、週末から例の断捨離で支援計画を始動したいと思っています。ご支援くださる皆様、お待たせして大変申し訳ございませんが詳細はもうしばらくお待ちください!

母が今日も新聞を読んで泣いています。私は元々滅多に泣かないんですが、震災以降は一度も泣いてません。母が私の分まで泣いてるんじゃないかってくらい泣いてるからかな・・・。

気仙沼の鹿折中学校避難所に、西川きよしさんを筆頭に吉本芸人さんが来たらしく、たくさんあるからと避難所にいる知人から頂きました。吉本のカステラとか絆創膏とかあるのね…(´∀`*) http://t.co/BXvIpQU

26日に浅草から芸人さん(?)がくるらしい。10時からは気仙沼の鹿折の淨念寺で、13時からは鹿折中学校で漫才&バザーをやるとのこと。詳細不明です; バザーって事は無料配布じゃなくて販売なのかな・・・。

実は最近、避難所へ行っていない。というのも、初めは素性を明かさず物資をお届けしていたのだが、先日気仙沼の在宅被災者である事を明かしたらなんとなく微妙な空気が流れた。山積みになっている物資を隠すかのように動かれたり。それ以来、行き難くなってしまった。妬みか負い目か…悲しい。

気仙沼の避難所にいる知人の話。今でもまだ避難所内では窃盗などが起きたりするらしい。そして今いちばん欲しいものは『毎日入れる清潔なお風呂』とのこと。暑くなってきたし切実ですよね・・・。あとやっぱり虫が大量発生し始めているとのこと。蜂が入ってきて大騒ぎにもなったらしい。

取り急ぎ、例の断捨離計画で募集”しない”品目です→新品肌着以外の衣類、バッグ・鞄類、布団、汚れ・キズ・劣化のひどいもの。 ”余っている”場合、ご支援頂けると嬉しい品目→新品肌着、シーツ・枕カバー、タオルケット・薄手の肌掛け、食器類、台所用品 etc..  詳細は週末にUP予定です

5月21日、気仙沼より [気仙沼の状況]

実は今週は火曜日からずっと秋田へ持病の治療に行っておりました。20本注射を打ち、先ほど気仙沼に戻りました。なんだか急に気温上がりましたね・・・。秋田は実に平和でした。平和な生活に違和感を感じてしまったり。でも、どこに居てもやはり気仙沼の事を考えてしまっている自分がいました。

気仙沼の旧ブックマーケットは北日本銀行になるようですね。古本屋さんがなくなるのはちょっと辛いなぁ。

秋田市内は表面上は地震の影響は特に見られなかったです。でもあらゆる店舗で節電していて、照明が暗めなのは問題にならないけど空調があまり効いていないのはちょっとしんどかったなあ・・・イオンとかじっとしてても汗が滲むくらい暑かったです。高速道のSAのトイレの便座の保温もオフでした。

秋田から帰ってきたら電気屋さんが新しいボイラーを設置してくれてました!やっと毎日お風呂に入れる・・・なんて幸せな事だろう(T_T)気仙沼に限らず被災地では、停電に伴う凍結によりボイラーが壊れたお宅が多数あります。他のお宅もボイラー届いたかなぁ・・・ (・ω・`)

5月20日、気仙沼より [気仙沼の状況]

気仙沼では続々再開店舗が出てきていますが、まだまだ電話が不通のところが多いです。不通のところに電話をかけた場合、かけた側には呼び出し音が聞こえます。しかし実は繋がっていないのです。呼び出し続けても出ない場合、怒らず『まだ不通なんだな~』と思ってあげてください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。