So-net無料ブログ作成

5月23日、気仙沼より [気仙沼の状況]

気仙沼のおだづなよTシャツ、ゲットしました!作りもしっかりしてるし着心地も良くていいですね(^-^) http://t.co/kEi9SdN

気仙沼の仮設住宅の情報やっと入手。敷き布団・掛け布団・枕・カバーはあり、タオルケットや肌掛けはないらしい。食器類は真っ白の無地のものはあり、その他爪切りとか細かいモノまで備え付けとのこと。最低限の生活用品はあるっぽい。消耗品はさすがになし。全ての仮設がこうなっているかは不明。

お子さんがいる被災者の方の本音。『物資や支援にいつまでも甘えてちゃいけないってのは分かってる。でも、子どもを高校や大学に行かせてやりたいからいくらでもお金は節約したいんだ。申し訳ないけど、せめて安定した収入が見込めない今は、物資や支援に甘えさせてくれ』

避難所に届く物資は確実に減ってきているそうだ。置き場がないので今はそれで良いとは言っていたが、やはり不安が大きくなってきている模様。物資が減り、報道も減り、ボランティアさんも減っている。そうなると情報を得る手段が少ない被災者は『もう被災地のことなんて忘れられたんだ』と思ってしまう

震災関連の報道が減っているのはある程度仕方ないとは思う。もうそれを求めていない人もいるのだろうから。しかし被災者に不安は募っていく。忘れられている、と。その不安を少しでも和らげる事ができるなら、私は『目に見える・わかりやすい・形あるもの』である物資支援を今こそしていこうと思う。

ところで、メーカーによって仮設住宅の外観が違うのはなんかやだなぁと思う。レンガ風のおしゃれな外観もあれば、まさにプレハブって感じの簡素な外観もある。機能性の違いがあるのかどうかは私にはわからないけど、気分的な違いはあるよね。

"先ほどのおだづなTシャツは、まだ詳細を決めかねているのでHP(ブログ)にUPしていないとの事。
寄付金=売上-(Tシャツ原価+送料)だそうです。
(この式だとかなり寄付金を集めにくいそうで今後はどうなるんでしょうかね?)
寄付金の送り先も概ね決めてはいるようでした。"

そういえば今日、気仙沼の弐萬圓堂の隣の建物に『テナント募集』の看板があるのを見た。入ってたお店が被災して撤退しちゃったぽいですね・・・。新たに店舗場所等探してる方、見に行ってみてください。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。